3F リハセンター

Rehabilitation Center

TOP > 診療案内 > 3F リハセンター

3F リハセンター

当院リハビリの特徴 = シームレスなリハビリ

Feature = Seamless Rehabilitation

院内の治療から自宅でできる再発予防まで.
これらを継ぎ目なく(Seamless)一連のリハビリとして行っています。

「お薬や物理療法だけでは、満足な結果が得られなかった・・・」「 一時はよくなるけど、すぐ再発してしまう」

そんな患者さんにも応えていけるよう治療をしています。 リハビリでは、お薬や物理療法では得られなかった効果が得られると思います。
コミュニケーションを大切にしながら治療しますので、ぜひご活用ください。

担当スタッフ

Staff

担当スタッフ

名前
阿部
出身地
静岡市
趣味
サッカー観戦、サッカー
好きな言葉
努力
スタッフより一言
疼痛時の荷重のコントロールを意識して行っています。
担当スタッフ

名前
柴田
出身地
静岡市
趣味
さっかー
好きな言葉
それも人生
スタッフより一言
動作のメカニズムに沿って除痛、動作の再獲得を行っていきます。
担当スタッフ

名前
鶴長
出身地
掛川市
趣味
サッカー
好きな言葉
ありがとう
スタッフより一言
様々な部位の筋力をしっかりつけて安定性を高めています。
担当スタッフ

名前
酒井
出身地
静岡市
趣味
B リーグの観戦・バスケットボール
好きな言葉
為せば成る
スタッフより一言
患者様が少しでも早く不自由ない生活が送れるようにサポートしていきたいと思っています。

特別協力体制(大学研修施設)

Special cooperation system (University training facility)

中村 浩一

氏名 中村 浩一 (NAKAMURA Kouichi)
所属 常葉大学 健康科学部 静岡理学療法学科
職名 准教授
学位 博士(スポーツ健康科学)
専門分野 スポーツ健康科学、運動器系理学療法学
主な担当科目 スポーツ障害と理学療法、運動器障害理学療法学、機能解剖学
researchmap https://researchmap.jp/n51/
メールアドレス k-nakamura(@ を挿入)sz.tokoha-u.ac.jp

メッセージ

Message

土川整形外科リハビリテーション科は、2020 年5 月1日に開設致しました。私は開設当初からリハビリテーションセンター全般の運営管理システムの構築や理学療法士スタッフに対する定期的な治療技術指導ならびに臨床研究支援に携わらせて頂いています。
土川整形外科は、地域の皆様の健康に真摯に向き合い、患者様ファーストの医療を実現することだけでなく、大学研修施設としての役割も担っています。豊富な経験を有する院長とともに、皆様に愛される施設となりますよう尽力して参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

主な研究業績および社会貢献活動など

主な論文

  • 「Basic Research on the Primary Prevention of Boxing-Related Sports Injuries with the Development of a Quantitative Motion Analysis Software」「Journal of physical therapy science」 Vol.33 No.6、2021 年、共著。
  • 「メンタルプラクティスと脳波の関係 – 簡易脳波計を用いた検討 -」「常葉大学健康科学部研究報告集」第 8 巻 1 号、2021 年、共著。
  • 「Usefulness of a simulated experience method for transfer assistance for hemiplegia or limited range of motion in multiple joints」「Journal of physical therapy science」 Vol.32 No.8、2020 年、共著。
  • 「変形性膝関節症患者における当院ホームエクササイズプログラムの効果-年齢および重症度による検証-」「常葉大学健康科学部研究報告集」第7巻 1 号、2020 年、共著。
  • 「ID ストレッチング及びアクティブ ID ストレッチングがジャンプパフォーマンスに及ぼす影響 -筋リラクセーション効果の視点を踏まえて -」「 理学療法科学」第34 巻 6 号、2019 年、共著。
  • 「Usefulness of simulation method to improve efficiency of chair-to-wheelchair transfer of patients performed by caregivers」「Journal of physical therapy science」 Vol.31 No.10、2019 年、共著。

主な社会貢献活動

  • (一社)日本スポーツ理学療法学会 評議員
  • (一社)全国リハビリテーション学校協会 学術委員
  • 掛川市チャレンジドスポーツ協会 理事
  • 日本ペインリリース研究会 世話人
  • しずおか文化プロジェクト 勤労者対象健康講座 講師
  • 静岡県障がい者スポーツ大会 運営支援
  • パワーチェアーフットボールチャンピオンシップ 2019 運営支援 等

常葉大学クラブ・サークル

  • Supporting Para-Sports 顧問

代表的な適応疾患

Typical indications

慢性疾患

慢性腰痛症、頸肩腕症候群、五十肩、いわゆる肩こり など

変性疾患

変形性腰椎症、変形性膝関節症、変形性股関節症、変形性頸椎症
五十肩、腱板損傷、腰部脊柱管狭窄症  など

スポーツ関連疾患

オスグット病、テニス肘、ゴルフ肘、半月板損傷、
アキレス腱炎、足底腱膜炎  など

外傷疾患

骨折、捻挫、脱臼後の関節拘縮、腫脹、歩行荷重管理
各種術後のリハビリを要する状態  など

その他

運動器不安定症

ページトップ

所在地

所在地

〒424-0047 静岡県静岡市清水区鶴舞町4-12

「桜橋駅」からお越しのかた

「桜橋駅」からお越しのかた

>> Google map をみる

バスでお越しのかた

バスでお越しのかた

「大曲バス停留所」